Varsity

海外体験談  / 

 

今日の言葉は、Varsity です。

まずは会話例から、意味をイメージしてみましょう!

Girl A:Do you know him?

Girl B: I only know him by name. What’s up?

Girl A:I like him a lot. He’s very smart. He can sing well. And also he’s on varsity!!! He’s just perfect.

女の子A:あの子知ってる?
女の子B:名前は知ってるよ。どした?
女の子A:あの子のことめっちゃ好きなん。頭いいし、歌うまいし、、、しかもVarsityに入ってる!完璧でしかない!

 

Last time, I told you that sports are a huge part of American school culture.

Sports teams in junior high and high school are very competitive;

teams hold “tryouts” for prospective members,

which are a test of your skill in that sport.はいれな

If you pass, you are assigned to

either the junior varsity (or “JV”) team or varsity team.


前回、アメリカの学校シーンを語る上で、スポーツは欠かせないというお話しをしましたね。

中学と高校のスポーツは本当に competitive(競争の激しい)で、

見込みのある選手を決めるためのTryouts(スキルを見るためのテスト)を開催します。

合格したら、Varsity teamに入る事ができます。

These players represent the school in regional and national competitions.

Varsity is usually made up of older students,

but if a first-year or second-year student is talented enough,

they can make the varsity team.

These students are usually the most popular kids in school. 😎✨

 

これらのVarsityの選手は学校を代表して、地域、それから州大会に出場します。

このチームは大抵、上級生たちで構成されていますが、

1年生でも2年生でも優秀な選手ならVarsityに入ることができます。

この子たちは、学校で人気者(モテてたり)なことが多いです!

Being on varsity is a huge honor

and members can get a special jacket

called a “letterjacket” to show off their skill!

Varsityになるということは、とても名誉なことで、

メンバーはLetterjacketを着ることができます!

勲章みたいな感じですかね☺